YAMABE ANIMAL HOSPITAL 山辺動物病院 PennHIP


ホーム 理念・基本方針 診察動物 病院案内 診療案内 検査・手術・麻薬 獣医師紹介 院長日記


当院にはPenn HIP認定医がおります

OFAによる診断について
Pen HIPのサイトへ
OFA関連サイトへ

犬の股関節形成不全[Canine Hip Dysplasia(以後CHD)]は、犬によく見られる遺伝性の整形外科的な疾患です。CHDは実際には全ての犬種に認められますが、大型犬、超大型犬で特に問題になります。この疾患は次のような経過で飼主が気付きます。

1)股関節形成不全の典型的なケースで、幼若な犬に認められる。たいてい痛みや跛行を伴う。
2) 1)よりももっと慢性的な股関節疾患で、加齢とともに股関節の軽い間欠的な痛みや可動域が狭まって硬くなってしまうといった徴候が次々と起こる。慢性的病態では無徴候であることが多い。

 愛犬家や獣医師たちは、CHDの発生の見込みや子孫への遺伝を正確に予想できる方法を長い間探してきました。一般的に股関節を評価する従来の診断方法は、CHDの発生を減らすという意味で、ほとんど役に立っていません。PennHIP【ペンヒップ】法はCHDの発生を減らすという観点から発展してきました。


 PennHIPは犬の股関節形成不全を評価する科学的な方法です。
1983年にペンシルバニア大学獣医学科のDr.ゲイル・スミスが研究を始め、CHDを早期に診断する新しい科学的な方法を開発しました。この研究により16週齢という幼犬でCHDにかかっているか評価できる診断法が確立されました。この方法は、2歳以上にならないと最終診断が下せない他の方法に比べると、明らかに優れています。
 OFA という団体 が提唱している従来の方法(hip extended positionというレントゲン撮影法)では、股関節のゆるみははっきりとわかりませんでした(この撮影法では実際に股関節がゆるんでいても、ゆるんでいないように写ってしまうことがあります)。この撮影法は関節炎による関節の変化を正確に見つけることができる一方、関節の変化(後述のDJD)を伴わない場合は正常犬と羅病犬を見分けることができません。
 同じ犬でもPennHIPのdistraction viewというレントゲン写真では関節のゆるみが大きくはっきりと写し出されています。この方法により、この犬は実際には股関節疾患を発症する重大な危険性を持っていることが証明されたわけですが、それにもかかわらず従来の方法ではこの犬は正常犬に分類されてしまいます。
 犬の股関節のゆるみ度合いを正確に測るためには、レントゲン撮影の手順の中で特別なポジショニングが必要になります。簡単にいえば股関節のゆるみ度合いとは、完全に犬の筋肉の力が抜けている状態において、股関節窩内で大腿骨頭がどの程度ゆるんでいるかをみたものです。股関節のゆるみ度合いは、その犬が後になって変形性関節疾患(Degenerative Joint Disease(以後DJD))を発症するかどうかを決定する重要な要因です。逆にいえば股関節のDJDがレントゲン写真上で認められた場合、CHDを発症している(股関節がゆるんでいる)ことが確定されます。


 PennHIP法でレントゲン撮影を行うためには、患者自身と股関節周囲の筋組織が完全に弛緩していることが重要です。犬に苦痛を与えず、また安全を確保するために、この撮影法では深い鎮静もしくは全身麻酔が必要になります(どちらを用いるかは獣医師の選択によります)。一般にはこの撮影の間に3種類のレントゲン写真が作成されます。
 PennHIPにかかるトータルの費用はこれを行う獣医師が決定しています。この料金には一般に、鎮静または麻酔料、3種のレントゲン写真料、診察料そしてペンシルバニア大学への郵送費、フィルム評価の費用が全て含まれています。
 PennHIPでは最後にその犬のDistraction Index(以後DI)という評価を飼主へ報告します。DIとは股関節のゆるみ度合いを測定した結果であり、0から1の間の数値で表されます(DIの数値が0に近ければそれはゆるみのないとてもしっかりした股関節であることを示します。DIが1に近ければゆるみの大きい股関節であることを示します)。
 多くの研究により、しっかりとした股関節の犬はゆるい股関節の犬よりCHDになりにくいことがわかっています。実際にペンシルバニア大学で調査を受けたいくつかの犬種では、どのくらいのDIだとCHDにならないかが明らかにされています。将来的にはさまざまな犬種のDIのデータが公開されるでしょう。そのデータはそれぞれの犬種内で予想されるゆるみの範囲を明らかにし、DJDのレントゲンとともにCHDの診断に役立つでしょう。
 PennHIP法は、従来の方法では2歳にならないと出来なかったのに比べ16週齢という若い犬に行うことが出来ます。その犬の飼育目的がブリーディングであっても、使役犬であっても、家庭犬であったとしても、早い時期に股関節が完全であるという評価を得られることは非常に貴重なことです。


・ ブリーダーの方へ
PennHIPにはデータベースがあり、これにより同種の他の犬に比べ股関節がしっかりした種の選定が可能です。この選定は他の好ましい特徴を犠牲にすることなく行うことができます。

・ ペットオーナーの方へ
DJDになるかどうかを鑑定すれば、病気の発現を最小限にするためのライフスタイルを計画することができるでしょう。

・ すべての方へ
ブリーダーにもペットオーナーにも等しく、PennHIP法は正確かつ早期に股関節の評価を提供します。PennHIP認定医は喜んで相談にのってくれるでしょう。






ご来院の方はこちら ページの先頭へ戻る
copyright 2003 by YAMABE ANIMAL HOSPITAL All Rights Reserved.